車の深い擦り傷補修

車の傷はプロに頼まなくては
きれいに修復できませんが、
修理代は高額なものです。


目立たない部分の小さな傷なら、
自分で修理したいですね。


深い傷になると、完璧に消すことはできませんが、
ある程度までなら目立たなくさせることはできます。


必要なものは、
仕上げ用コンパウンド、樹脂剤入りの傷消しワックス、
マスキングテープ、ウェス


(1)マスキングテープを貼る。

傷の周囲の塗装を削らないように、
傷に沿ってマスキングテープを貼り、
他の部分を保護します。


(2)コンパウンドで磨く。

仕上げ用のコンパウンドをウェスにとり、
磨いていきます。

1度に消すことはできないので、
少量のコンパウンドを足しながら、
傷に沿って何度も往復させ、
少しづつ磨きます。

コンパウンドは塗装面を削るので、
こすり過ぎると全体に削り取られてしまいます。

傷が残っていても適度なところでやめましょう。


(3)コンパウンド成分を落とす。

水に浸したウェスで、
コンパウンド成分をふき取っていきます。


(4)樹脂入りの傷消しワックスをすり込む。

通常のワックスがけと同じ要領で、
縦、横方向へすり込みます。

3度くらい重ね塗りをして、傷を目立たなくさせます。

スポンサード リンク