車の傷消し

車を使用していれば
どうしても避けられない車の傷と汚れです。


にもかかわらず、
どうしても車には傷をつけたくないものでしょう。


他の人には気づかなかったり、
気にならないような傷や汚れでも気になってしまい、
なんとか車の傷を消したいと思ってしまうものです。


車の傷や汚れを消したい時、
みなさんどうするでしょうか?


業者に依頼するのがもっとも確実なのでしょうが、
費用の問題などもあり、
よほど深い傷でもない限り避けたいところでしょう。


できるだけ自分で消したいものです。


車の傷を消す方法としては、
市販されている傷消し用のワックスがまずあげられます。


コンパウンドがもっとも安価で効果的といわれています。


浅い傷でしたらこれらの方法で十分に消すことができます。


なかなか消しにくい深い傷の場合は
タッチペンで補修する方法もあります。


また、ごく浅く小さな傷の場合は
歯磨き粉で磨い消しても効果があるといわれています。


気になるのは傷だけではなく汚れも同様でしょう。


汚れは洗車で落とせばいい、と閑雅がちですが、
鳥の糞や木の実の汚れを放置してしまった結果、
塗装がはげてしまうこともあります。


乾いてしまって消しにくくなった糞や虫の死骸には
虫・鳥リムーバーを利用して消します。


ほかには水玉が乾いてしまった
雨シミ(イオンデポジット)も
よくある車の汚れとして挙げられます。


これは洗車では落とせないことが多く、非常に厄介です。


さらに放置すると塗装に凹凸ができてしまいます。


この場合、はウォータースポットリムーバーで
よく擦って落とすことになります。


車の傷や汚れはできるかぎり自分で消したいもの。
そのためには日ごろの手入れが重要になってくるでしょう。


傷や汚れを見つけたら
あとでまとめて手入れをするのではなく、
すぐに対策を取ることが求められるのではないでしょうか。

スポンサード リンク