車傷の修理

車の傷を修理してから買取り業者に査定に出すか、
車の傷を修理しないで価格を調査してもらうか、
このように今、所有しているクルマを手放す場合に
このあたりの微妙な部分、とても気になるものですね。


結果から言いますと、
多少の車傷を修理していようが
傷を修理していない状態のままでも
たいした差はないように思います。


一昔前の時代では、
クルマの価値はすぐ低下して
廃車にするにもお金がたくさんかかるようなこともありましたが、
今の時代では、
国外での日本車の中古車の評価が高く、
引く手あまた状態になっていますので、
多少の車傷を修理してない場合でも
問題なく値段がつくようです。


以前であれば、
買取り業者が何とか安く買い取るために難癖をつけ、
極力安い価格にたたくという状態がありましたが、
今では競争も激しく、
そのようなサービスの悪い業者は
淘汰されていっています。


日本ではとうてい値がつかないような古い車や
10万キロを越えたような車傷がたくさんあるクルマ、
修理をしないと走らない事故車も
海外では、修理して乗られていたり、
古い形式の部品でも海外に輸出されて買い取られています。


国内のみで部品等を販売している
廃車引き取り業者よりも、
国外向けの買取り業者は、
幅広く廃車しなくてはいけない車を
無料で引き取ってくれたり、
高く買い取ってもらえる場合もあります。


日本では10万キロを越えた人気のないような
車傷がたくさんあり修理が頻繁に必要になったクルマでも
アジア、アフリカ、中南米、ロシアなどの地域は
20〜30万キロ走っているクルマはたくさんあり、
故障の少ない日本の中古車が好評なのだそうです。

スポンサード リンク