車傷の対処法

車傷には様々な種類があり、
その程度や状態、材質によって
対応策が異なります。


ここでは、車傷の状態やパーツ、程度によって
どのようなことに気をつけることが必要になるかを
考えてみましょう。


まずボディ色のくすみです。


車傷とは違い軽視しがちなボディーのくすみですが、
原因として鉄粉が関わっている場合がとても多く
放置しておくと塗装面に深く入り込み、
くすみやムラ、サビを誘発するようになります。


鉄粉を取る粘土タイプの汚れ落としが市販されていますので、
活用されることをお薦めします。


近所でマンションや高速道路建設があった場合や
工場の近くにお住まいの方は
特に鉄粉によるダメージをケアしましょう。


次にバンパーの擦り傷です。


車傷の代表格で車で
一番傷つきやすい箇所がバンパーです。


一部が割れていたり、大きなへこみが有ると、
バンパーごと交換になる場合がありますが、
擦り傷程度なら補修が可能です。


ダメージをそのままにしておいて走行中に脱落し
車の他の部分を傷つけるユーザーが多く、
後方を走る車にも傷をつけてしまう場合もあるようです。
早めに修理に出しましょう。


またドアやボディーがへこんだままの人もよく見かけます。


放置しておくとサビの原因になって
補修にも手間が掛かり高額になります。
早めの補修をお勧めします。


コンパウンドや研磨剤などで磨いても
取れないような車傷、
深い線が入ったような車傷は、
塗装による補修が必要です。


線キズでも車傷と同じように放置しておくと、
塗装の下地を痛め、サビる原因になります。


サビてしまうと
最悪の場合ボディーに穴が開いてしまいますので、
早めの補修をお勧めします。


車の傷でとても多いのがガラスの傷です。


ヒビは小さなものなら補修可能で
補修せずに放置すると
走行時の振動などで、
フロントガラスの傷やヒビが
大きくなってしまう場合があります。


そうなってしまった場合は、
ガラス交換となってしまい大きな出費になりますので、
早めの補修をお勧めします。

スポンサード リンク