車 傷 補修 対処


車の傷

車傷がついてしまい、自分で修理・補修してしまいたいという場合、
簡単な擦り傷にはペンタイプの補修剤が便利です。

 

カー用品ショップのケア商品売り場やホームセンターなどのでは
車種別に塗装色が売られています。

 

車傷や汚れをそのままにしておくと思わぬサビやトラブルの元になりますので、
鳥のフンや木の樹脂なども放っておかず、
サビや腐食になる前にため、ぬるま湯などをかけて
しっかりと落としておきたいものです。

 

汚れが落ちたらコーティングで汚れ防止とツヤ出しを行いましょう。

 

耐久性に優れた固形ワックスを使い、
円ではなく車の前後方向にのばして塗っていくと
ムラが出ず、ホコリなども付着しにくいといいます。

 

ボディにくすみが気になる場合は、
鉄粉を取る粘土タイプの汚れ落としも考えてみる必要があるかもしれません。

 

擦り傷などの車傷や汚れを取り除き、いつもピカピカの車で出かけるために
最近では、ガラスコーティング、ポリマー加工、
車磨きのポリテックコーティングするユーザーも増えてきているようです。

 

ガラスコーティング(ガラス系コーティング)は、
磨き上げられた塗装面をガラス樹脂でコーティングする事をいい、
従来のポリマーコーティングと比べて透明度が高く、
非常に堅い皮膜を形成することで傷が付きにくい性質を持っています。

 

さらに長期間のコーティングの持続効果が良いといわれています。

 

コーティングは、こまかい車傷を綺麗に落とし塗装面をしっかり磨いて
完璧な状態にしてからコーティングしないとあまり意味がありません。

 

キズだらけ、水垢が付いているボディにコーティングを施しても
キズや垢を封じ込めるだけになってしまいます。

 

Sponsored Link

Sponsored Link