車傷 車の傷の補修法と対処法

車の傷について解説します。
大切な車に傷がついたらショックですし、早く修理したいですよね。


車に傷ができてしまった場合、
多くの方がまず自分で補修しよう考えると思います。


できることなら
自分で傷を補修できるようにしておきたいものです。


カンタンな車の傷の補修方法や対処法をお届けします。

スポンサード リンク

車の傷の補修

車に傷ができてしまった場合、
多くの方がまず自分で補修しよう考えると思います。


修理業者にやってもらえば確実ではあるのですが、
やはり費用が気になります。


小さな傷でも数千円から数万円程度かかります。


忙しくて自分でやっている時間がない、
という人もいるでしょうが、
車を運転するたびに傷のことが気になったり、
修理代のことが気になってしまうようなことになっては
せっかくの車の運転も楽しめません。


できることなら
自分で傷を補修できるようにしておきたいものです。


小さい車の傷の場合は、
傷取り用ワックスやコンパウンドで磨くことによって
補修することができますが、
深い車傷の場合はそれだけでは限界があります。


深い傷、特に
鋼板まで届いてしまっているような傷を完全に補修するには
業者でなければ難しいですが、
自分で補修してもかなり目立たなくすることは可能でしょう。


深い傷を補修する際には
マスキングテープを傷の周囲に張り、
擦った際に傷がつかないよう保護します。


それからコンパウンドで擦るわけですが、
コンパウンドは細めからごく細めのものを使用します。


その際、こすり過ぎないように注意しましょう。


それから擦った表面からコンパウンドを落とし、
そこに樹脂入りの傷消しワックスを塗ります。


鋼板まで傷が達してしまっている場合は
まずサンドペーパーで錆を落とし、
錆止めを塗った上でタッチペンで塗装してから
コンパウンドで磨くと傷が目立たなくなります。


車を運転する以上、傷は避けられません。


よほどの傷ではないかぎり業者に出すことなく
自分で補修できるようにしたいものです。

スポンサード リンク